会社員となると厚生年金に加入していくようになりますが、保険料を払いすぎというように感じることもあります。

よく所得税では毎月の給与から所得税を天引きし、年末調整で払いすぎた分が還付されることもありますが、社会保険では年末調整でどのような仕組みになっているでしょうか?

 

厚生年金保険料の払いすぎ?保険料の算出方法とは?

 

厚生年金保険料の算出方法ですが、

 

  • 4~6月の給与額を元に報酬月額を決める
  • この報酬月額を元に等級に当てはめて標準報酬月額を決める
  • その年の9月から翌年8月までその標準報酬月額を元にした保険料を適用する

 

随時改定といって固定的賃金の変動があったときに保険料を変更する仕組みもありますが、基本的にこの定時決定といった年1回の保険料決定をするのが通常となります。

つまり4~6月に繁忙期がきたり、残業時間が増える業種であれば保険料の払いすぎというように感じることも出てくるわけです。

 

厚生年金と随時改定!随時改定の要件とは?

 

定時決定でなく随時改定を期待するような人も今回のケースでは多いかもしれませんが、残業時間が減ったというようなことだけでは適用されないことがほとんどです。

随時改定の対象となるための要件というのは

 

  • 固定的賃金に変動があったことが前提となる
  • その上で現在の等級と2等級以上の差が生じたことが必要

 

というようなことが必要となります。

固定的賃金というのは基本給、家族手当、通勤手当などを指しますが、業績に連動するような手当や残業代などは含みません。

つまり残業時間が減ったことで随時改定の対象となるには、基本給なども減った上で残業代も減り、そのために2等級以上の差が出ないといけないということです。

 

厚生年金の払いすぎと年末調整の還付はあるのか?

 

厚生年金と健康保険とを合わせて社会保険といわれることもありますが、社会保険では年末調整の還付という概念自体がありません。

 

  • その年に支払った社会保険料の合計額を控除する
  • 控除後の所得で税額が決まる

 

ということで基本的には支払った保険料を所得から引くという作業のみを行いますので、還付という概念もないですし、また還付されるということも通常ありません。

還付されることがあるとすれば

 

  • 企業などの社会保険料の計算が間違えていたとき
  • 国民年金と二重払いになっていたとき

 

というようなミス、手違いなどのみが対象となってくるといえます。

 

厚生年金の払いすぎと還付請求の方法

 

このように年末調整で実際に払いすぎが等級設定のミスなどでなければ還付請求という概念自体がないということです。

ただ実際には厚生年金保険料の計算ミスというのは存在します。

 

  • 報酬月額の計算ミス
  • 等級を出すときのミス

 

などということも原因となることもありますが、自分で報酬月額や等級を出してみて明らかに払いすぎとなっていればまず会社に相談するようにしましょう。

会社のほうで年金事務所に対して修正してもらえば、その後実際に払いすぎになっていた保険料については還付されるはずです。

ただし労使の折半割合を意図的に操作しているような場合には、会社に通知しても修正する気もないようなこともあります。

このようなときには直接年金事務所に相談すると良いでしょう。

 

  • 年金手帳
  • 1年分くらいの給与明細
  • 免許証

 

を携帯して会社の住所を管轄する年金事務所にいくと計算が適性かどうか、また適性でなければ調査なども行われる可能性もあります。

 

厚生年金の折半割合!義務?合わないときにはどうすれば良い?

 

厚生年金保険料の払いすぎと還付請求まとめ

 

このように会社や年金事務所側のミスなどでなければ厚生年金保険料は年末調整でも還付対象などとなることはありません。

この点、所得税と年末調整で行われる作業というのはまったく違うというようになります。

<スポンサード リンク>