遺族厚生年金といえば配偶者がまず受給するイメージが強いわけですが、まれに遺族には子供のみしかいないというようなケースもあります。

このような子供のみというケースで遺族年金の受給にはどのような違いがあるのかについて解説をしたいと思います。

 

子供のみで受給できる遺族年金とは?

 

遺族年金には国民年金の遺族基礎年金、厚生年金の遺族厚生年金とがありますが、子供のみでも両方の年金を受給できる可能性があります。

子なしで配偶者のみであれば遺族厚生年金しか受給できる可能性はありませんが、遺族年金では子供のほうが有利になっていると考えて良いかと思います。

 

子供のみで遺族年金を受給するための要件とは?

 

ただし成人した子供などでは遺族年金を受給できる可能性はありません。

子供の遺族年金の受給要件ですが、

 

  • 18歳の年度末までの間にあること
  • または20歳未満で障害等級1級か2級の状態にあること
  • かつ婚姻をしていないこと

 

というようなものを満たさなければいけません。

また同時に死亡した者との生計維持要件も満たさないといけませんので、以下のページで該当しているか確認しておいてください。

 

遺族厚生年金の生計維持要件の定義とは?

 

子供のみと遺族年金の金額

 

子供のみというときに気になるのは遺族年金の受給額ではないでしょうか?

 

遺族基礎年金

  • 基本額は78万前後
  • 第1子、2子には1人ごとに22万ほどの加算額
  • 第3子以降は7.5万ほどの加算額

 

遺族厚生年金

  • 死亡した者の平均給与、賞与額によって上下する
  • 死亡した者の厚生年金への加入期間でやはり金額は上下する

 

というように遺族基礎年金は定額制となっていて、遺族厚生年金は人によって違うというようになります。

遺族厚生年金の金額の目安は以下のページで紹介していますので、気になる人は目を通しておいてください。

 

遺族年金の受給額はいくらくらい?年収別に徹底解説

 

子供のみの遺族年金はいつまで受給できる?

 

遺族年金の金額とともに気になるのがいつまで受給できるのかということではないでしょうか?

結論からいいますと子供のみの遺族年金は有期年金と考えて良いです。

 

  • 18歳年度末が終了したとき、または障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあるときのどちらか遅いほうが終了したとき
  • 20歳に達したとき

 

通常年金といえば終身のイメージも強いですが、子供ということで成人すれば自分で仕事をしたりして生計を立てていけるようになります。

そのため18歳、20歳といった段階で失権となります。

この失権というのは支給停止ではなく、一度失権すればその後その遺族年金を二度と受給できないという意味になります。

 

その他の子供のみの遺族年金の失権事由とは?

 

また一定の年齢に達する以外にも子供のみというときに遺族年金を受給できなくなる事由はいくつかあります。

 

  • 死亡したとき
  • 婚姻をしたとき(事実婚も含む)
  • 直系血族または直系姻族以外の者の養子となったとき(事実上の養子縁組関係も含む)
  • 離縁によって死亡した被保険者等との親族関係が終了したとき

 

子供と遺族年金でいいますと、結婚や養子というところはよく関係してきます。

結婚、養子というときには遺族年金がストップするので、その後の生活のことも考えておく必要があります。

<スポンサード リンク>