子供が2人など複数いるときに遺族厚生年金の受給というようになることもあります。

このように遺族厚生年金に複数の受給権者がいればどのようになるのでしょうか?

 

遺族厚生年金と複数の子供の受給要件

 

まず遺族厚生年金で遺族となる子供の要件にはどのようなものがあるのでしょうか?

子供というときにはまず年齢要件が重要となってきます。

 

  • 18歳の年度末までの間にあること
  • または20歳未満で障害等級1級か2級の状態にあること
  • かつ婚姻をしていないこと

 

というような要件を満たさないといけません。

つまり成人している子供は遺族とならず、受給することはできないということになります。

この他にも生計維持要件もあり、やはりこの生計維持要件も満たさないと遺族とはなりません。

 

遺族厚生年金の生計維持要件の定義とは?

 

遺族厚生年金で子供が2人以上複数いるとき

 

遺族厚生年金に2人の子供がいて、それぞれが受給要件を満たすときにはどのようになるのでしょうか?

結論からいいますと

 

遺族厚生年金の受給額 ÷ 子供の人数

 

で割った金額がそれぞれに支給されるようになります。

 

遺族厚生年金と子と配偶者の受給金額

 

遺族厚生年金の遺族では子と配偶者とが同時に受給権を有するようになることも少なくありません。

さらに子が複数のときと同じように、配偶者と子も受給順位も同じとなります。

たとえば配偶者と子とがいるときですが、

 

遺族厚生年金の受給額 ÷ 配偶者と子の人数

 

というように人数によって割った金額がそれぞれに支給されるようになります。

 

子供が複数いるときの遺族基礎年金の受給

 

遺族厚生年金の他に遺族基礎年金という国民年金からの遺族年金もあります。

この年金は年齢要件を満たす子、あるいは子を持つ配偶者に支給されます。

 

  • 18歳の年度末までの間にあること
  • または20歳未満で障害等級1級か2級の状態にあること
  • かつ婚姻をしていないこと

 

この遺族基礎年金での子の年齢要件も厚生年金と同様ですが、このときに子が複数いるとどうなるでしょうか?

たとえば子が2人いて、11歳と17歳だとします。

このとき2人とも遺族基礎年金の年齢要件を満たすので

 

  • 遺族基礎年金の基本額 およそ78万
  • 第1、2子までの加算額 22.5万×2人

 

というような年金額となります。

しかし1年ほどすれば17歳の子が年齢要件を満たさなくなるので減額事由に該当します。

そのため子の加算額は1人分となり、18歳となった子の分は減額されてなくなってしまいます。

そして11歳の子も18歳などとなればやはり減額となり、要件を満たす子が存在しなくなり遺族基礎年金自体の支給もなくなるというようになります。

<スポンサード リンク>