遺族年金について何歳から何歳までもらえるのかという質問も結構多いです。

遺族年金の場合には子供の年齢によって受給できる期間が決まることも多く、本人の年齢と受給期間とが無関係なことも多いわけですが、今回は遺族の種類によって何歳から何歳まで遺族年金を受けられるのかについて解説したいと思います。

 

遺族基礎年金は何歳から何歳までもらえる?

 

国民年金の遺族基礎年金ですが、この年金については子のある配偶者、子に支給されます。

子について年齢要件があるので、その年齢に子が達するようになると遺族基礎年金はもらえなくなります。

 

  • 18歳年度末が終了したとき、または障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあるときのどちらか遅いほうが終了したとき
  • 20歳に達したとき

 

つまり子が18歳、あるいは20歳には遅くても受けられなくなるので、配偶者の年齢と受給期間とは関係がないことがわかります。

 

配偶者は遺族厚生年金を何歳から何歳までもらえる?

 

配偶者についてですが、妻と夫とで何歳からという点が違ってきます。

 

  • 死亡時に55歳以上でないと受給権が発生しない
  • しかも60歳にならないと支給開始にならない

 

  • 年齢要件もなく、すぐに支給開始となる

 

ということで妻のほうが遺族厚生年金は支給期間が有利になっていることがわかります。

 

その他の遺族は遺族厚生年金が何歳から何歳まで受給できる?

 

遺族厚生年金でいう遺族には他に、子、父母、孫、祖父母といますが、それぞれ何歳から何歳まで受給できるのでしょうか?

 

子、孫

  • 18歳年度末が終了したとき、または障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあるときのどちらか遅いほうが終了したとき
  • 20歳に達したとき

 

父母、祖父母

  • 死亡時に55歳以上でないと受給権が発生しない
  • しかも60歳にならないと支給開始にならない

 

ということで子と孫は同様の条件となり、父母や祖父母は夫と同様の条件になっていることがわかります。

 

30歳未満の妻と遺族厚生年金!何歳から何歳まで受給できる?

 

上のほうで妻と遺族厚生年金の受給期間について紹介しましたが、死亡時に30歳未満の妻だけは注意して欲しいのが5年の有期年金になっているということです。

 

  • 子のない妻は遺族厚生年金の受給権を取得して5年が経過したとき
  • 30歳到達前に遺族基礎年金の受給権が消滅した妻は、その消滅した日から5年が経過したとき

 

それぞれの時点から5年経過した時点で遺族厚生年金は受給できないようになります。

 

遺族厚生年金は何歳から何歳までもらえる?

 

上のように

 

  • 若年者の妻

 

などは遺族年金は有期年金となっていることがわかります。

年金というのは基本的に終身年金であるものが多いのが公的年金ですが、遺族年金では若い人が遺族になればまだ年齢の関係で生活を再建していけるというようなところも想定されているかと思います。

何歳までというところで制限がかけられる遺族に該当する人はその後のことも考えておいて欲しいと思います。

 

遺族厚生年金は何歳まで?併給調整も知っておこう

 

遺族年金を受けていても併給調整を受けて急に減額されるということも把握しておくと良いでしょう。

 

  • 自分の老齢厚生年金の支給が開始されるとき
  • 中高齢寡婦加算が減額される

 

65歳以上で遺族厚生年金額が激減?その理由とは?

 

これらの調整や減額は65歳などで行われます。

遺族年金だけでなく自分の年金もしっかりとかけていればそう生活が難しくなることもありませんが、自分の年金が厚生年金でないというようなときには想定しておくべきといえるでしょう。

<スポンサード リンク>