一般的には夫が死亡し、その遺族である妻や子が遺族年金を受けるというケースが多いわけですが、逆に妻が死亡するというようなケースもあります。

遺族年金は夫に厳しいといわれることもありますが、妻が先に死亡したときに遺族年金ではどのような違いが出てくるのでしょうか?

今回は妻が先に死亡したときの遺族年金について解説をしたいと思います。

 

妻死亡と遺族厚生年金の年齢要件

 

妻死亡時に特に違うのが受給での年齢要件です。

 

  • 妻には年齢要件はない
  • 夫は55歳以上でないと受給権自体が発生しない
  • さらに夫は60歳までは遺族厚生年金を受給できない

 

妻は年齢に関係なく遺族厚生年金を受給できますが、夫は死亡時に55歳以上でないと永久に遺族厚生年金を受給できることはありません。

 

妻死亡と遺族基礎年金の受給要件

 

国民年金の遺族年金としては遺族基礎年金があります。

この遺族基礎年金については受給権は夫と妻とで違いはありません。

ただし(要件を満たす)子のある配偶者、子でないと受給することはできません。

 

  • 18歳の年度末までの間にあること
  • または20歳未満で障害等級1級か2級の状態にあること
  • かつ婚姻をしていないこと

 

この要件を満たす子がいなければ遺族基礎年金は受給できないとなります。

また受給要件の判定時にこの子がいても、その後年齢を重ねて子供がこの要件を満たさないようになることも出てきます。

そのときには遺族基礎年金の支給はストップするようになります。

つまり遺族基礎年金というのは子が18歳、あるいは20歳というような年齢までの有期年金となっていることがわかります。

 

妻死亡時の遺族年金の金額

 

一般的に夫死亡時よりも妻死亡時のほうが遺族年金の金額は低くなることが多いです。

遺族基礎年金については定額なので差はないのですが、遺族厚生年金というのは

 

  • 妻の厚生年金への加入期間
  • 妻の平均給与額、平均賞与額

 

で比例的に金額が決まってきます。

一般的には妻のほうが厚生年金へ加入する期間が短いこともあり、夫死亡時よりも妻死亡時の遺族厚生年金が低くなるというようにいえます。

遺族基礎年金の金額ですが、

 

  • 基本額       780900円×改定率
  • 第1、2子の加算額 224700円×改定率
  • 第3子以降の加算額 74900円×改定率

 

というようになります。

遺族厚生年金の金額は目安的に下のページに解説しています。

 

遺族年金の受給額はいくらくらい?年収別に徹底解説

 

遺族厚生年金と受給権者!夫と子の支給額はどうなる?

 

遺族厚生年金では受給順位としては第1順位に配偶者と子とが同順位になっています。

つまり今回のケースでは夫と子とが存在することもあるわけですが、このときの遺族厚生年金の受給額ですが、

 

遺族厚生年金 ÷ 夫と子の人数

 

で割った金額がそれぞれに支給されるというようになります。

年齢要件などを満たす子が複数いればその分だけそれぞれの支給額も減っていくこととなります。

 

妻死亡で遺族年金が少ない理由!中高齢寡婦加算がない

 

妻死亡時に受給額が不利になる理由として中高齢寡婦加算がないということがあります。

原則として夫の死亡当時に妻が40歳以上65歳未満であることというような要件を満たせば支給されるものですが、金額としては

 

国民年金の遺族基礎年金×3/4

 

というようになっていて2017年度の価額では58万4500円となっています。

国民年金の遺族年金の補填的な制度ですが、妻のみの受給となっているので妻死亡時の夫には支給されないとなっています。

 

妻死亡時の遺族年金と上乗せ年金

 

今回のように妻死亡時の遺族年金は不利な点もいくつかあります。

もし妻が大黒柱というときには遺族年金が少ないというときにはその補填策もとっておく必要があります。

 

  • 遺族厚生年金が少ない
  • 中高齢寡婦加算がない
  • 遺族基礎年金がない

 

というようなことを考えておいて、生命保険も視野に入れておくようにしましょう。

ちなみに妻死亡時の遺族年金と併給調整ですが、

 

  • 妻の遺族厚生年金と自分の老齢厚生年金とは併給調整を受ける
  • 妻と遺族厚生年金と自分の老齢基礎年金とは同時に受給できる
  • 妻の遺族厚生年金と遺族基礎年金とは同時に受給できる

 

65歳以上で遺族厚生年金額が激減?その理由とは?

 

というようになっています。

65歳などで自分の年金の支給が開始されれば遺族厚生年金が併給調整を受けることもあるので、ここも注意しておいて欲しいところになっています。

<スポンサード リンク>