国民年金の未納状態が続くと催告状が届くようになります。

催告状では差押えといった怖い文言も入っているので、かなり受け取ると心理的な衝撃があります。

催告状を受け取っても無視するというような人もいるわけですが、差押えなどは本当に起きるのでしょうか?

 

国民年金の未納と催告状の位置付け

 

結論からいいますと国民年金の保険料は無視していると本当に差押えされることもあります。

このようになる流れの中で催告状はどのような位置付けとなっているのかについてですが、

 

  • 特別催告状
  • 最終催告状
  • 督促状
  • 差押予告
  • 差押え

 

といった順番になっていきます。

上から順にスタートし、最後に差押えとなります。

 

国民年金の催告状から差押えまでの期間の目安

 

このページを見ている人にとってはそれぞれの段階がどの程度の期間で進んでいくのかも関心があるかもしれません。

次の給料日などもあるので、どうしても今すぐに支払えないということもあるかもしれませんが、催告状から差押えまでの期間は下のようなものとなります。

 

  • 未納から3ヶ月程度で特別催告状が郵送されてくる
  • 特別催告状の後やはり数ヶ月して最終催告状が来る
  • その後早いと数ヶ月で督促状が届く

 

というのが一般的なモデルケースとなります。

ただ年金機構側の事情もあって最終催告状までの期間が数日であったり、1ヶ月程度であったりすることもあるので一概に共通の期間の長さというのはないようなところもあります。

それぞれの期間にも関心があるかもしれませんが、早めに後述する対策を取っていくことが必要というようにいえるでしょう。

 

国民年金の催告状と分割納付

 

国民年金の保険料の納付は時効になるまで2年あるので、納付となるとこの2年間分が一気にかかってくることもあります。

ただ多くの場合、支払いがしんどいので未納となっているわけで、一括納付といわれても正直難しい状況ではないでしょうか?

催告状を受け取ると納付の話し合いになりますが、この段階までは分割納付ができます。

しかし督促状まで来るようになると一括納付しかできなくなります。

つまり催告状(最終催告状も含む)を受けている間はまだ話し合いの余地がある段階というようにもいえます。

 

催告状を受け取った段階で行うべきこととは?

 

国民年金について甘く見ている人も多いかもしれませんが、昔よりも格段に徴収が強くなっています。

催告状をもし受け取ったときには、すぐに逃げないで年金機構などに連絡や相談をするほうが良いでしょう。

 

  • 世帯所得によっては免除申請を受けることもできることもある
  • 免除不可でも国民年金保険料の分割納付が認められることはある
  • 督促状ではないので保険料の延滞金まではつかない

 

というようなメリットがあるからです。

督促状での延滞金は年間で14.6%となります。

 

催告状と財産の差押えの実際とは?

 

ちなみに国民年金の催告状をさらに無視していくと最後には差押えとなるわけですが、どのような形になるのかも紹介しておきますと、

 

  • 本人の財産、口座に差押えがある
  • それでも足りないときには親、家族、現住所の世帯主にも差押えが及ぶ

 

というようになってきます。

つまり周囲の人にも迷惑をかけてしまうことにもなるということです。

 

国民年金の差押えと破産宣告

 

一般的に金融機関などの借金とも混同されるのですが、国民年金をはじめとした国の債務は民間のものと明確に違うところもあります。

それは破産しても消えないということです。

つまり破産等でも支払いを逃れることのできないものでもあり、非常に厳しいものでもあるということです。

海外に引越しをして、住民票も海外に移すなどをすれば消滅時効を待てば消えるのですが、実際に実行するとなると生活すべてを変えないといけません。

<スポンサード リンク>