学生の時代に国民年金の未納があるという人も意外と多いのではないでしょうか?

すでに就職していて会社で厚生年金をかけているという人もいるかと思いますが、学生時代の未納はその後どのように影響していくのかについて解説をしたいと思います。

 

国民年金の学生納付特例は未納?年金額は減額される?

 

大学生など学生の期間は国民年金の学生納付特例を受けていたという人も多いのではないでしょうか?

これは申請をして保険料を免除してもらった期間なので扱いとしては未納となりませんし、将来的に滞納処分などを受けることもないです。

しかし

 

  • 学生納付特例期間は受給資格期間には含まれる
  • ただし将来の年金額には反映されない

 

ということになります。

老齢基礎年金というのは受給資格期間が10年というルールがありますが、この期間を満たすことで年金を受ける資格を得ることになります。

学生納付特例の期間はこの資格期間にはカウントされるものの、猶予期間ということでその期間がいくら長くても年金額にはまったく反映されないという期間になります。

 

学生納付特例期間は追納するべき?支払うほうが得?

 

この学生納付特例の期間について就職後などに追納することもできます。

 

  • 追納は10年以内のものに限られる
  • 追納することで年金額が増える
  • 追納で過去の保険料に利息はかからない
  • 追納は1ヶ月分の保険料から分割して支払える

 

というようになります。

追納すれば保険料と年金額との損得を考えるわけですが、この点について詳しくは下のページでシュミレーションしています。

結論としては個人の寿命を確定できないと完全な損得は出てきませんが、そのために平均寿命で追納損得を計算してみました。

簡単に追納するべきかどうかの目安を紹介しておきますと

 

  • 1ヶ月分の追納をすることで年金額(年額)は1600円程度増える
  • 大学時代の2年分の猶予があれば年金額の2/40が減額されるようになる
  • ちなみに国民年金の満額支給額は年78万前後

 

というようになります。

 

国民年金追納の損得をシュミレーション!メリットはあるのか?

 

学生時代の国民年金の未納と催告状や督促状

 

上のように学生納付特例といった申請をした上での未納であればその後年金額がやや減少するといったこと以外は特に問題となりません。

しかしまれに特に申請もしないで未納を放置したというときもありますが、この場合は

 

  • 催告状が届く
  • 督促状が届く
  • 差押え予告をされる
  • 差押えをされる

 

というように事態が悪化していくこともあります。

学生時代は所得がないので差押えされない可能性も高いですが、就職して年収が上がってくれば差押えの要件に該当してしまうこともあります。

2018年の調整徴収の水準は所得300万となっていますが、今後よりこの水準が厳しくなることはありえます。

学生納付特例の申請をせずに未納となっている期間があれば催告状が届いているのであれば支払うべきといえるでしょう。

 

  • 督促状が届き、その指定期限までに納付しなければ延滞金が発生する
  • 督促状が届くと分割納付が許されないようになる

 

というようなデメリットも出てくるので注意してください。

 

国民年金の催告状が届いた!無視するとどうなるのか?

 

学生時代の国民年金未納と厚生年金加入後の影響

 

学生時代の国民年金の未納があり、その後就職をして厚生年金加入をしたというような人も多いかもしれません。

この場合、厚生年金に加入して未来の年金保険料を払っていけば過去の国民年金の未納はどう影響していくのかと疑問に思う人も多いのですが、

 

  • 催告状や督促状が届いていれば過去の未納も時効が中断して請求権は消えない
  • 就職して年収も上がるのでかえって強制徴収を受ける確率が高くなる
  • 厚生年金の加入と過去の国民年金の未納とはまったく関係性がない

 

ということで所得条件などを満たせば強制徴収を受けても不思議はありません。

特に催告状などが届いているケースでまずやるべきことは年金事務所に連絡をすることです。

放置しておけば督促状が届くなど処置が進行してしまうので、支払いについて相談をしてどの月分を支払うのかなど年金事務所の担当者とよく話し合いをしてください。

この相談をして、余力に応じた支払いをしていけば基本的に督促状や差押えなどには進行しないはずです。

 

国民年金の学生時代の未納とその支払い方、手続き

 

学生時代の未納といっても大きく分けて2つあります。

学生納付特例を受けていた、手続きせずに放置していたという2つですが、もしその支払いをするというのであればそれぞれやや手続きが違ってきます。

 

学生納付特例を受けていたとき

  • 年金事務所に訪問をして国民年金保険料追納申込書に記載して提出
  • 納付書を受け取る
  • 国民年金保険料追納申込書はネットでもダウンロードできるので郵送しても手続きは可能
  • クレジットや口座振替はできないので納付書で振込みする

 

猶予申請をせずに未納となっていたとき

  • 催告状に書かれている電話番号などにまず連絡をする
  • 担当者と支払いについて話し合いをする
  • そこで一応決まった月分についてすぐに支払いをする

 

学生納付特例については追納という制度を受けるので一応簡単な手続きを必要とします。

年金事務所に連絡をすれば追納適用をしてくれるので、そこで発行される納付書を使って支払いをしていきます。

<スポンサード リンク>