ニュースでは年金は70歳からというような報道もありましたが、年金はいつからもらえるのでしょうか?

年金を受けることのできる年齢、そしてその受給額というのは老後の生活に大きな影響を及ぼします。

今回はケースごとに年金はいつからもらえるのかについて解説をしたいと思います。

 

国民年金はいつからもらえる?何歳からもらえる?

 

まず自営業、サラリーマンと幅広い人が加入する国民年金ですが、何歳からもらえるようになっているでしょうか?

国民年金は受給開始年齢を自分でも調整できるようになっているのですが、原則65歳からとなっています。

 

国民年金は60歳から?繰り上げ支給とは?

 

原則65歳からとなりますが、繰り上げ支給という制度もあります。

これは最速で60歳から国民年金を受けるという制度ですが、繰り上げ支給を早くするほど年金額も減額されるようになります。

 

  • 60歳から受給する 30%減額
  • 61歳から受給する 24%減額
  • 62歳から受給する 18%減額
  • 63歳から受給する 12%減額
  • 64歳から受給する 6%減額

 

つまり1ヶ月繰り上げ支給をするごとに0.5%の年金額が減額されていくということになります。

繰り上げ支給で注意することは

 

  • 減額率は生涯変わらず最後の年金までずっと減額率が適用されること
  • 付加年金も同様の減額率が適用されてしまうこと
  • 寡婦年金の受給権が消滅すること
  • 国民年金の任意加入ができなくなること

 

ということです。

 

国民年金は70歳から?繰り下げ支給とは?

 

逆に国民年金には繰り下げ支給という制度もあり、最大で70歳から受給というように5年も支給を遅らせることもできます。

 

  • 66歳から受給する 8.4%増額
  • 67歳から受給する 16.8%増額
  • 68歳から受給する 25.2%増額
  • 69歳から受給する 33.6%増額
  • 70歳から受給する 42.0%増額

 

というようにやはり支給開始の年齢を遅くするほど年金額が増額となります。

1ヶ月支給開始年齢を遅らせることで0.7%ずつ増額されていくというようになります。

他にも

 

  • 付加年金も同様に増額される
  • 振替加算については増額率は適用されない

 

というポイントもあります。

 

厚生年金はいつからもらえる?何歳から受給?

 

サラリーマンをしていた時期もあれば厚生年金の受給権もあるということとなりますが、厚生年金は何歳からもらえる制度になっているでしょうか?

 

男性

  • 昭和32年4月2日~34年4月1日生まれ 63歳に支給が開始
  • 昭和34年4月2日~36年4月1日生まれ 64歳に支給が開始
  • 昭和36年4月2日生まれ以降       65歳に支給が開始

 

女性

  • 昭和33年4月2日~35年4月1日生まれ 61歳に支給が開始
  • 昭和35年4月2日~37年4月1日生まれ 62歳から支給が開始
  • 昭和37年4月2日~39年4月1日生まれ 63歳から支給が開始
  • 昭和39年4月2日~41年4月1日生まれ 64歳から支給が開始
  • 昭和41年4月2日以降          65歳から支給が開始

 

というように細かく性別、生年月日によって支給開始年齢が区分されています。

ただやはり厚生年金についても繰り上げ支給、繰り下げ支給を選択することもできます。

 

  • 繰り上げ支給は1ヶ月ごとに0.5%ずつ減額される
  • 繰り下げ支給は1ヶ月ごとに0.7%ずつ増額される

 

減額、増額率は国民年金と同じとなっています。

 

年金は何歳から受けるべき?繰り上げと繰り下げの考え方

 

年金というのは終身年金ですので、ざっくりといいますと

 

  • 長生きの人の場合、通常の年齢である65歳以降に受給するのが得
  • 短命な人の場合、繰り上げ支給をするほうが得になることもある

 

というようにいえます。

自分でもどの程度まで生きられるのかはわかりませんので、今回は日本人の平均寿命から見ていきましょう。

2016年のデータを見ますと日本人の平均寿命は男性が81歳、女性が87歳となっています。

 

  • 国民年金は40年かけて満額受給
  • 厚生年金は25年かけて月11万の受給額

 

という人をサンプルに計算してみます。

 

<男性のシュミレーション>

 

<女性のシュミレーション>

 

この表はあくまでも概算の計算ではありますが、男性の平均寿命であれば2年繰り下げ支給するほうが平均寿命までの受給額トータルは得になることがわかります。

一方の女性からすれば87歳まで生きれば4年繰り下げ支給をするのが最もトータルの受給額が大きくなることがわかります。

<スポンサード リンク>