20歳になると学生でも国民年金は強制加入となります。

国民年金では一定の要件に該当すると強制加入となりますが、今回は強制加入の要件などについて解説したいと思います。

 

国民年金の強制被保険者とは?

 

国民年金の強制被保険者には3つの種類があります。

 

第1号被保険者

  • 自営業、学生などを対象
  • 国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者

 

第2号被保険者

  • 会社員などを対象
  • 厚生年金の被保険者
  • 65歳以上の者については老齢給付等の受給権を有しない者

 

第3号被保険者

  • 第2号の配偶者を対象
  • 20歳以上60歳未満の者
  • 年収130万未満の者

 

強制被保険者の優先順位は2号、3号、1号の順に判断していきます。

 

国民年金が任意加入から強制加入になったのはいつから?

 

国民年金は歴史のある制度ですが、強制加入の変遷もあります。

 

  • 自営業が強制加入となったのは昭和36年4月1日から
  • 昭和61年4月1日からは20歳以上の者が強制加入となった
  • 学生は平成3年4月1日から強制加入となった

 

厚生年金加入者も昭和61年4月から基礎年金の国民年金に加入するようになりました。

そのため制度的には昭和36年には国民皆年金が導入されて、昭和61年が国民年金が強制加入となった時期というようにいえるでしょう。

 

国民年金の強制加入と任意加入

 

国民年金には任意加入という制度もあります。

 

原則的な任意加入(65歳未満の者が対象)

  • 国内に住所がある20歳以上60歳未満の者であって厚生年金法の老齢給付等を受けることができるもの
  • 国内に住所を有する60歳以上65歳未満のもの
  • 日本国籍を有しているが、国内に住所を有しない20歳以上65歳未満のもの

 

国民年金の任意加入の条件!任意加入の損得も徹底解説

 

国民年金の満額は480ヶ月ですが、それに満たない人はこのような要件を満たすことで任意加入できるというようになります。

 

国民年金の強制加入と免除、猶予制度

 

強制加入の条件に該当していても免除、猶予制度もいくつか用意されています。

 

学生納付特例

  • 本人の所得条件だけを満たせば適用される
  • 受給資格期間にはカウントされるのが将来の年金額には反映されない

 

若年者納付猶予

  • やはり本人の所得条件だけを満たせば適用される
  • 受給資格期間にはカウントされるのが将来の年金額には反映されない

 

全額免除と一部免除

  • 本人、世帯主、配偶者のすべての所得条件を満たすことが必要
  • 受給資格期間、将来の年金額にともに反映される

 

国民年金の7つの免除制度!該当条件を徹底解説

 

免除、猶予の詳しい説明は上のページでしていますので、強制加入の条件に該当していても支払いが苦しいときには申請をしておきましょう。

未納を放置していると催告状が届き、最悪のケースでは差押えの対象ともなってしまいます。

 

国民年金の催告状が届いた!無視するとどうなるのか?

 

強制加入の国民年金と免除、猶予、未納のポイント

 

この他、国民年金について知っておいて欲しいポイントについて紹介しておきますと

 

  • 免除申請などは2年1ヶ月前までのものについて行える
  • 原則過去の未納分は2年前以降のものについてしか支払えない
  • 保険料の時効は2年ではあるが催告状が届くと時効の進行が中断して未納が消えない
  • 国民年金には連帯納付義務があり、世帯主や配偶者に未納の取り立てが及ぶこともある
  • 配偶者が厚生年金加入者であればその扶養に入るという方法もある

 

国民年金の未納では催告状などが数ヶ月すると届くようになります。

放置してしまう人もいますが、放置することで悪質と見なされやすく、そのために差押えまで状況が悪化してしまいやすくなります。

適切に免除、猶予制度を申請したり、条件に該当しないときには必ず年金事務所に相談するといったアクションを何か取ることが非常に重要といえます。

<スポンサード リンク>