国民年金は上乗せする形で付加年金という制度があります。

国民年金が少ないと考える人では加入を検討している人も多いかもしれません。

ただあまり知られている制度でもないので、今回は付加年金のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

 

国民年金の付加年金とは?

 

国民年金の付加年金というのは簡単にいえば老齢基礎年金の上乗せということで、国民年金の受給額にプラスされる制度です。

加入条件もいくつかあって

 

  • 国民年金の第1号被保険者しか加入できない
  • 国民年金の免除を受けている人は加入できない

 

第1号のみということで、フリーランス、個人事業主など自分で国民年金を支払っている人が対象となる制度です。

 

  • 配偶者の会社の厚生年金の扶養に入っていれば加入できない
  • またサラリーマンとして会社の厚生年金に加入している人も対象外

 

ということで加入できない人も多いので注意してください。

 

国民年金の付加年金のメリット!年金額の上乗せメリットが大きい

 

この付加年金というのは

 

  • 国民年金保険料の他に月額400円の付加保険料を支払う
  • 付加年金の額は200円に付加保険料納付期間の月数をかけたものが上乗せ支給される

 

というようになります。

一見小さな上乗せのように思えますが、満額の40年かけたとすれば

 

  • 付加保険料は400円×40年=192000円の負担
  • 付加年金額は毎年200円×40年=96000円のリターン

 

というようになり、年金の受給をして2年になると元が取れるというようになります。

付加年金の額自体は微妙という人もいるかもしれませんが、毎年終身で96000円受けられるのは意外と大きいといっても良いかもしれません。

 

その他の付加年金のメリットとは?

 

また付加年金には他にもメリットがあります。

 

  • 年金の繰り下げをすればさらに付加年金額を増やすこともできる
  • 死亡するまで終身で受給できる
  • 前納すれば割引もあること
  • 付加保険料も社会保険控除の対象となること
  • 付加保険料を3年支払うと死亡一時金に加算されること
  • 個人型確定拠出年金と併用できること

 

つまり付加年金は長く生きるほどにそのメリットはますます増すことにつながるということです。

死亡一時金というのは給付を受けずに死亡したときに、その遺族に支給されるものです。

ただこの死亡一時金も30年以上も国民年金に加入していても遺族には30万前後しか支給されませんし、しかも名前の通りに一時金です。

付加年金はこの死亡一時金に8500円の上乗せがあるだけなので、そう大きなメリットともいえないと思います。

 

付加年金のデメリットはあるのか?

 

では逆に付加年金にデメリットはあるのでしょうか?

 

  • 任意制度なので自分で加入手続きをしなければ加入できないこと
  • 付加年金額が年9.6万と満額の国民年金のおよそ8分の1に過ぎないこと
  • 年金の受給資格を満たさないときには付加年金のみの単独受給ができない
  • 国民年金の第1号被保険者しか加入できないこと
  • 年金の繰り上げ支給をすると付加年金も年金本体と同様に減少してしまうこと
  • 老齢基礎年金が全額支給停止になった期間は付加年金も支給停止となること
  • 物価スライドの対象でないのでインフレが起きればその価値が少なくなること
  • 障害基礎年金や遺族基礎年金には上乗せされない
  • 国民年金基金と同時加入はできないこと

 

といったところはデメリットといっても良いかもしれません。

国民年金基金は最大で月額68000円と高額な保険料を払う代わりに、大きな年金額とすることもできます。

しかし国の所管ではないので破綻することもあれば、解散もありえます。

また民間の個人年金と比較して微妙なところもあるので、個人年金に自分で加入するというのであればそうデメリットとはなりません。

 

国民年金の付加年金のメリット、デメリットまとめ

 

付加年金は保険料も受給額も低額です。

国民年金の上乗せという意味では年額最大でも96000円の受給なので微妙です。

今20代で今後ずっとかけていくということでもこの程度なので、中年期の人には今からかけていってもそうメリットはありません。

もし年金額を増やすというのであれば

 

  • 厚生年金に会社に就職して加入する
  • 民間の個人年金に入る

 

というほうが金額的にはまず良いかと思います。

付加年金はあくまでもちょっとした国民年金の上乗せという程度に考えれば十分かと思います。

<スポンサード リンク>