国民年金は支給額が小さいので貯金するほうが良いというような意見もときどき聞きます。

しかし結論からいいますと低金利時代に貯金をする価値もあまりなく、まず国民年金を支払っていくほうがリターンは大きくなります。

今回は国民年金のほうが貯金よりも増える理由について解説したいと思います。

 

国民年金と同額を毎月貯金すればいくらになる?

 

国民年金は20歳以上60歳未満までが加入期間となります。

まずこの40年間を国民年金の同額貯金をしていくといくら貯金できるでしょうか?

 

17000円 × 40年 × 12ヶ月 = 816万

 

これに金利もいくらかはつきますが、これだけ長い年数かけていてもそう大きな金額とはならないことがわかります。

 

国民年金を満額支払っていけば年金額はいくらになる?

 

国民年金を満額40年かけていくと年金額は78万前後となります。

年金支給の開始年齢は65歳からですので、10年と半年ほど支給されれば貯金額を早くも超えることになります。

つまり75歳と半年ほどまで生きられれば貯金よりもお得ということがわかります。

日本人の平均年齢は

 

  • 男性 81歳
  • 女性 87歳

 

とされていますので、平均通りであれば男性でさえも420万ほど年金のほうがお得とわかりますし、女性に至っては1000万近くもお得になることとなります。

 

国民年金が貯金よりもお得になる理由

 

ではなぜこのように年金額と貯金額とで差が出てくるのでしょうか?

これにはいくつか理由があるのですが、

 

  • 年金には半分ほど税金が投入されているため
  • 年金保険料は投資されていて貯金よりもリターンが多いため

 

というようなところが大きいです。

毎日のように買い物をすれば消費税が発生しますが、このような税金も年金原資に投入されています。

つまり毎月支払う保険料とともにこの税金も含めて年金として受け取っているというわけです。

そのために貯金よりも金額が多くなるというようになります。

また年金は赤字の投資となるときだけニュースになりますが、実はかなりの割合で運用が黒字になっています。

 

え?国民年金は破綻しない?その意外な理由とは?

 

詳しくはこのページに投資の黒字額を紹介していますが、低金利時代では貯金よりもはるかに高いリターンであることがわかります。

 

国民年金の免除期間の追納!追納はお得?

 

国民年金には免除、猶予制度もありますし、適用された期間のある人も多いかもしれません。

 

  • 免除、猶予期間 後から10年間は追納できる
  • 未納期間    5年前のものだけ後納ができる

 

というようになります。

免除期間にもいろいろとありますが、全額免除にしても年金への反映はすでに1/2はされていることになります。

半額免除では3/4までは年金の受給額に反映される期間となります。

そのため一部免除では特に追納してもそう年金の受給額は増えてこないといえます。

ただ学生納付特例、若年者納付猶予の期間は年金の受給額には反映されない期間なので追納すると年金額に大きく増額が見込めます。

未納期間についても同様で最低でも2年前のものは支払えるので、貯金よりも良いと感じたときにはすぐに納付してしまうと良いでしょう。

 

個人年金と国民年金はどっちがお得?

 

民間の個人年金もよく国民年金と比較されますが、結論からいいますと安定性とリターンを考えればまず国民年金のほうが有利です。

というのも民間の個人年金では税金が投入されないので、加入者の保険料から経費を引いたものしか受けることができないようになっているからです。

 

国民年金と貯金と未納

 

ここまで国民年金の損得について紹介してきましたが、その前に国民年金は条件を満たせば強制加入となります。

 

  • 未納が続くと催告状が届く
  • さらに放置すれば督促状、差押えの対象となることもある

 

国民年金の催告状が届いた!無視するとどうなるのか?

 

差押えとなると延滞金なども発生しますし、さらに分割でなく一括納付となってきます。

本人にお金がないと家族や配偶者にも差押えが及ぶので損得とは別に納付をしっかりとしていくようにしましょう。

<スポンサード リンク>