厚生年金では特別支給というものが年金として支給されます。

ただ特別支給といっても意味がよくわからないという人も多いかもしれません。

今回は特別支給の厚生年金の意味と、それにまつわる質問をよく受けることについてまとめて解説したいと思います。

 

特別支給の厚生年金とは何?

 

昭和61年4月施行の新法によって現在年金の支給開始年齢というのは65歳とされています。

それまでの旧法では年金は60歳から老齢年金が支給されるとされていましたが、いきなり65歳としてしまうと老後の生活が破綻してしまうことにつながります。

そのため経過措置としてしばらくは60歳から65歳までの間に特別支給の厚生年金を支給するようにしました。

 

特別支給の厚生年金の受給要件

 

特別支給の厚生年金というのは報酬比例部分と定額部分とで構成されます。

簡単にいいますと

 

  • 報酬比例部分 老齢厚生年金に相当する
  • 定額部分   老齢基礎年金に相当する

 

ということになりますが、この特別支給の受給要件は生年月日によります。

 

定額部分と報酬比例部分の両方を受けることのできるグループ

 

60歳から受給するグループ

  • 男性 昭和16年4月1日以前
  • 女性 昭和21年4月1日以前

 

61歳から受給するグループ

  • 男性 昭和16年4月2日~18年4月1日
  • 女性 昭和21年4月2日~23年4月1日

 

62歳から受給するグループ

  • 男性 昭和18年4月2日~20年4月1日
  • 女性 昭和23年4月2日~25年4月1日

 

63歳から受給するグループ

  • 男性 昭和20年4月2日~22年4月1日
  • 女性 昭和25年4月2日~27年4月1日

 

64歳から受給するグループ

  • 男性 昭和22年4月2日~24年4月1日
  • 女性 昭和27年4月2日~29年4月1日

 

以上の生年月日のグループは60歳から報酬比例部分の特別支給の厚生年金を受けることができます。

つまり上の支給開始年齢というのは定額部分のみに適用されるということになります。

 

報酬比例部分だけを受けることのできるグループ

 

60歳から受給できるグループ

  • 男性 昭和24年4月2日~28年4月1日
  • 女性 昭和29年4月2日~33年4月1日

 

61歳から受給できるグループ

  • 男性 昭和28年4月2日~30年4月1日
  • 女性 昭和33年4月2日~35年4月1日

 

62歳から受給できるグループ

  • 男性 昭和30年4月2日~32年4月1日
  • 女性 昭和35年4月2日~37年4月1日

 

63歳から受給できるグループ

  • 男性 昭和32年4月2日~34年4月1日
  • 女性 昭和37年4月2日~39年4月1日

 

64歳から受給できるグループ

  • 男性 昭和34年4月2日~36年4月1日
  • 女性 昭和39年4月2日~41年4月1日

 

特別支給のないグループ

  • 男性 昭和36年4月2日以後
  • 女性 昭和41年4月2日以後

 

特別支給の厚生年金をもらえない人とは?

 

上のように特別支給の厚生年金というのは生年月日によるとなります。

 

定額部分がもらえない人

  • 男性 昭和24年4月2日以後の生まれの人
  • 女性 昭和29年4月2日以後の生まれの人

 

特別支給の厚生年金自体がもらえない人

  • 男性 昭和36年4月2日以後の生まれの人
  • 女性 昭和41年4月2日以後の生まれの人

 

というようになります。

 

特別支給の厚生年金は繰下げの申出を行うことはできるのか?

 

今回紹介している60歳から65歳に受けることのできる特別支給の厚生年金ですが、繰下げの申出をすることができません。

 

特別支給の厚生年金が減額される条件とは?

 

特別支給というのは60歳から65歳にかけて支給されますが、60歳代前半の在職老齢年金という制度によって支給停止を受けることもあります。(法附則11条)

 

  • 標準報酬月額
  • その月以前1年間の標準賞与額の総額を12で除して得た額
  • 老齢厚生年金の額(加給年金は除く)

 

この総額が28万を超えるときに調整が行われます。

 

 

それぞれのケースにおける年金の支給停止額はこの表のようにして計算します。

 

特別支給の厚生年金の手続きとは?

 

この特別支給の厚生年金の手続きですが、

 

  • 生年月日ごとの特別支給の厚生年金の支給開始時期の数ヶ月前に裁定請求書が郵送されてくる
  • 年金請求書、年金に関するお知らせが同封されている
  • 年金請求書に必要事項を記載して返送する
  • あとは特別支給の厚生年金の支給を待つ
  • 65歳の原則支給の厚生年金の支給開始前にも老齢基礎年金の受給に関する問合せの通知が届く
  • 裁定請求はすでに済んでいるのであらためての裁定請求は必要ない

 

というようになります。

裁定請求を忘れるという人もいますが、年金は消滅時効5年にかかるので、5年間であれば請求はできます。

<スポンサード リンク>