サラリーマンの妻というときには夫の年金の扶養に入っているということも多いかと思います。

このようなケースでは毎月のように国民年金の保険料を自分で支払っていくということは必要ありません。

ただ気になるのがこのようなケースでのサラリーマンの妻での年金の支給額ではないかと思います。

 

サラリーマンの妻と年金の扶養

 

年金の扶養というのは健康保険よりもかなり範囲が狭くなっています。

 

  • 配偶者が会社員などで厚生年金を会社でかけていること
  • 自身の年収が130万未満であること
  • 自身が20歳以上60歳未満であること

 

というような条件を満たさないといけません。

このような条件を満たして扶養に入ることができれば

 

  • 国民年金の第3号被保険者になる
  • 国民年金の保険料は支払う必要はなくなる
  • 将来の年金額は国民年金の加入者として反映されていく

 

というような扱いになります。

厚生年金の扶養に入るので、その扶養に入った者は厚生年金加入者になるのではないかと考える人もいますが、あくまでも扶養される者は国民年金の第3号の扱いとなります。

 

国民年金の扶養条件!130万、106万の判断方法を解説

 

サラリーマンの妻の年金原資は誰が払っているのか?

 

上のようにサラリーマンの妻ということで国民年金第3号被保険者となれば一見保険料を払わないで年金だけ支給されるということになり、かなりお得にも思えるのですが、世の中にフリーランチというものは存在しません。

 

  • 配偶者が厚生年金保険料に上乗せして直接妻の保険料を支払っているわけではない
  • 厚生年金から基礎年金拠出金が支払われている
  • つまり厚生年金加入者全体で配偶者の保険料を支払っているということになる

 

ということで制度的に厚生年金の保険料全体から賄われて年金を支給されるということになります。

 

サラリーマンの妻の年金額はどの程度になる?

 

要するにサラリーマンの妻としては国民年金の加入者となりますので、国民年金の支給額から想定していけば良いです。

 

  • 満額は年78万
  • 満期は40年加入が必要

 

つまりたとえば40年配偶者の扶養に入っていれば年額78万となりますし、

 

30年扶養に入っていれば

78万 × 30/40 = 58.5万

 

20年扶養に入っていれば

78万 × 20/40 = 39万

 

10年扶養に入っていれば

78万 × 10/40 = 19.5万

 

というようになっていきます。

あとは自分で加入していた時期の国民年金や厚生年金もこれに加味して支給されます。

 

サラリーマンの妻で年金支給額を正確に知りたいときには?

 

年金の支給額というのは正確に知るには年金事務所で個人ごとの加入期間などを元に相談することが必要となります。

ただ年金事務所でも50歳未満というときにはまだ確定していない情報も多いので、年金額のシュミレーションを断られてしまうこともあります。

 

サラリーマンの妻と老後の生活費

 

上のようにサラリーマンの妻の年金支給額だけを見れば決して十分なものでもありません。

共稼ぎで夫婦とも厚生年金をかけていっているというときには老後の生活費もかなりのものとなりますが、専業主婦や扶養の範囲内で働くという分には妻の年金額は多くはないといえます。

総務省のデータによると

 

  • 夫婦二人  月25万
  • 一人暮らし 月15.8万

 

というのが老後の生活費の数字になります。

このような老後の生活費を捻出するには

 

  • 夫の厚生年金の支給額をあてにする
  • 上乗せ年金も考えておく
  • 貯金もしておく

 

年収別の厚生年金の年金額を紹介!老後の生活費不足額も

 

というような方法も必要となってくるでしょう。

ちなみに上のページでは年収と厚生年金の支給額との関係をシュミレーションして表にまとめています。

自分の世帯の収入と比較し、老後の生活費にどの程度足りないのかある程度把握し、必要な上乗せ年金なども考えていくようにしましょう。

<スポンサード リンク>