年金手帳にはオレンジ、青など色の違いがあります。

結論からいいますと何色の年金手帳でも大差ないのですが、今回はなぜ年金手帳の色が複数あるのかについて解説をしたいと思います。

 

年金手帳の色と年金の歴史

 

年金手帳の色の違いは年金加入時点が古いかどうかによって違います。

簡単にいいますと

 

  • 年金手帳がオレンジの人は基礎年金番号が導入される前に加入した人
  • 年金手帳が青の人はそれ以降に加入した人

 

というようにいえます。

基礎年金番号というのは昔は国民年金、厚生年金、共済年金ごとに区別して割り当てられていました。

 

  • 国民年金 自営業の人などが加入する
  • 厚生年金 サラリーマンといった被用者が加入する
  • 共済年金 公務員などが加入する

 

というような形で、当時の基礎年金番号についてですが、

 

  • 国民年金 国民年金手帳記号番号で管理(10桁)
  • 厚生年金 厚生年金手帳記号番号で管理(10桁)
  • 共済年金 共済組合ごとに管理(7~12桁)

 

というように別々の管理方法となっていました。

この別々の基礎年金番号というのは平成8年12月までで、それ以後平成9年1月からは共通の基礎年金番号に変更さあれています。

今は国民年金と厚生年金の2つになっていて、しかも

 

  • 国民年金 厚生年金に加入していない人が自分で加入する年金
  • 厚生年金 公務員も含めた被用者が主に加入する

 

というようになっていて、厚生年金に加入しているということは同時に国民年金にも加入するようになっています。

国民年金というのは基礎年金であって、2階部分の年金が厚生年金で、1階部分を国民年金としています。

基礎年金番号についてですが、現在はすべての人が共通に割り当てされるものとなっています。

 

年金手帳を複数持っている人も昔はいた?

 

上のように国民年金と厚生年金とがある種別制度でもあったので、年金加入を平成8年以前にしていれば青とオレンジといった2冊の年金手帳を持っているという人もいました。

現在は1人につき1つの年金基礎番号なので複数の年金手帳が発行される人はいないはずですが、年金手帳の冊数も歴史の変遷の1つといえるでしょう。

 

年金手帳の違う色のものを1冊にまとめることもできる?

 

青とオレンジの2つの年金手帳を持っていれば、現在基礎年金番号が導入されて統一されているのでそのうち1冊は意味のないものになっていますので、年金事務所の窓口で1冊にまとめてもらうこともできます。

面倒であれば特にこの年金手帳をまとめる手続きはしなくても良いのですが、気になる人はやっておいても良いかと思います。

またほぼないかと思いますが、基礎年金番号が2つあって年金手帳も2冊あるというようなときには将来正しい年金額が支給されないこともあるので、年金事務所で相談するべきといえます。

このときには

 

  • ねんきん定期便で納付済期間が正しいか確認する
  • もし正しくないようであれば年金事務所で2つの年金を統合してもらう

 

ということが必要となります。

ただオレンジと青の年金手帳をまとめたいというときにも年金記録が正しいかどうかは簡単にチェックしておいて欲しいと思います。

 

年金手帳の色!青とオレンジの違いを解説

 

まとめますと年金手帳が青、オレンジの違いについてですが、

 

  • 平成8年12月以前に年金に加入した人はオレンジ
  • 平成9年1月以降に年金に加入した人は青色

 

というように年金加入になった時点がどのタイミングなのかといった違いだけということになります。

オレンジの人は平成9年1月の基礎年金番号導入の時点で、基礎年金番号通知書が郵送されているはずですが、年金手帳に貼っている人も多いのではないでしょうか?

 

年金手帳はオレンジ、青以外にも色がある?

 

オレンジや青以外にも年金手帳の色はまだ他にもあります。

年金手帳の色は年金の歴史、変遷も表しているのですが、

 

  • 法律制定時の昭和35年はモエギ色
  • その後5年後前後に肌色
  • さらに5年前後して茶色に変更された
  • 昭和49年にオレンジ色になり、平成9年に青色に変更し現在に至る

 

というようになっています。

 

オレンジ色の年金手帳を紛失!何色の年金手帳が再発行されるのか?

 

現在青色以外のオレンジなどの年金手帳を持っていて、紛失したりすることもありますが、このときには再発行手続きをします。

 

年金手帳を紛失!再発行をする4つの手続き方法とは?

 

このページにも解説していますが、再発行自体は基本的に即日行われますが、年金手帳の色は現在青色しかないので青に変更となります。

年金手帳の色が変わるので年金額の支給が減額されたりするのではと心配する人もいますが、年金手帳の色は変わっても何も変わることもありません。

ただ年金手帳の色が変わるだけなので何も心配しなくても良いです。

<スポンサード リンク>