厚生年金というのは給与額によって保険料が決まってきます。

そのためざっくりといえば給与額が高い人ほど将来の年金額も高くなるというようにいえます。

今回は厚生年金の最低賃金、最低等級で支給額がどの程度になってくるのかについて解説をしたいと思います。

 

厚生年金の加入を最低賃金で行う

 

厚生年金というのは標準報酬月額の等級表というもので保険料が決まります。

2018年段階ではこの最低等級というのは1級の88000円というランクになります。

報酬月額が93000円未満の人が位置する等級ですが、報酬額はゼロでは加入できません。

パートタイマーやアルバイトというときには所定労働時間の加入条件を満たすことが必要となります。

 

  • 1週間の所定労働時間が正社員と比較して3/4以上であること
  • 1ヶ月の所定労働日数が正社員と比較して3/4以上あること

 

これらの2つの条件を満たせば厚生年金に加入となります。

また企業規模が大きくなると

 

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上あること
  • 継続して1年以上使用されることが見込まれること
  • 報酬の月額が8万8000円以上であること
  • 使用される事業所の労働者数が常時501人以上であること
  • 学生等でないこと

 

この5つの要件を満たさないと加入義務があるとはなりません。

また役員ではときどき無報酬ということもあるのですが、このような場合でも健康保険料と厚生年金保険料が天引きできないほどの役員報酬であればやはり社会保険には加入することができません。

 

最低賃金と厚生年金の支給額

 

では社会保険の加入条件を満たした上で最低賃金であればどの程度の支給額となるのか概算で計算してみましょう。

厚生年金というのは

 

  • 老齢基礎年金(国民年金部分)
  • 老齢厚生年金

 

とに分かれます。

 

 

最低賃金でも加入ということで年金支給額は国民年金の人よりもやや多いという程度にとどまります。

老後の生活費としては

 

  • 夫婦    月25万
  • 一人暮らし 月15.8万

 

程度は平均して必要とされていますので、すべての老後の生活費を補うことはできませんが、その他に貯金や上乗せ年金などをかけていくことが必要となることがわかります。

 

最低賃金の厚生年金加入と国民年金保険料との比較

 

このように最低賃金での厚生年金加入となるとやはり支給額はそう甘くもありません。

一見して無意味に感じる人もいるかもしれませんが、実はお得感は強いのです。

 

  • 国民年金の満額保険料は月17000円前後
  • 厚生年金の最低賃金での保険料は労働者負担分は8000円程度

 

ということで最低賃金の厚生年金でも支給額は国民年金よりも多いものの、労働者負担分に限れば保険料は厚生年金のほうが安くなるわけです。

この点保険料と比較すれば厚生年金の最低賃金というのはメリットがかなりあるといっても良いわけです。

 

最低賃金の厚生年金と上乗せ年金

 

ただやはり最低賃金の厚生年金だけでは老後の生活は成立しません。

 

  • 貯金
  • 上乗せ年金

 

なども考えておく必要があります。

ただ今の時代は超低金利の時代なので貯金というのは非現実的です。

厚生年金などは消費税などの税金、会社負担分の保険料、運用益ともあいまって支給されるので支払う保険料よりも割高になりますが、貯金というのはほぼ貯めた金額にしかなりません。

厚生年金の上乗せとなると選択肢はそう多くないのですが、

 

  • 民間保険会社の個人年金
  • 確定拠出年金

 

確定拠出年金はリスクもありますし、またやはり低金利時代なのでリターンもそう大きくなりません。

この点でプロが運用する個人年金のほうがまだ良いといえるでしょう。

<スポンサード リンク>