会社に厚生年金の決定通知書が届くということも出てきますが、特に会社を設立したばかり、あるいは総務をはじめてするというときにはこの決定通知書を受け取っても何もすれば良いのかよくわからないという人も多いかと思います。

この決定通知書は基本的にはその後1年間ほど給与計算などに関係してくるので、やらないといけないことをしっかりとしておきましょう。

 

厚生年金の決定通知書とは?

 

決定通知書というのは標準報酬月額が決まったことの通知となります。

簡単にいえば9月から翌年8月までに保険料算定の基礎になる標準報酬月額が決まったことを知らせる内容となります。

 

  • 4~6月の報酬月額を算出
  • 7月10日期限の算定基礎届を提出

 

という作業をしたかと思いますが、それによって年金事務所によって標準報酬月額が決まり、その等級別に保険料も決まったということがわかる書類となっています。

 

厚生年金の決定通知書と新保険料の天引き時期

 

新しい決定された標準報酬月額について保険料も変わることも多いのですが、新しい保険料の天引きはその年の9月からとなります。

随時改定といって固定的賃金の変動がないときには基本的に翌年の8月までその保険料を天引きしていきます。

会社負担分の保険料も金額も変わるので注意しましょう。

 

厚生年金の標準報酬月額は社員に通知するべき?

 

今回の厚生年金の決定通知書が届いたときには

 

  • 新しい標準報酬月額
  • それに伴う新しい保険料

 

などを対象者に伝えていかないといけません。

ただその伝え方でトラブルになることもあるので注意したいところです。

年金事務所から届いた決定通知書をそのまま回覧したり、閲覧できるようにして通知するというところもありますが、この場合には他の社員の給与額などもわかってしまいます。

そのため社員のモチベーション低下になったり、不満につながったりすることもあるのでまずこのような通知方法はやめたほうが良いでしょう。

 

  • 給与明細に標準報酬月額などを記載する
  • 保険料変更について一定期間総務に質問するシステムで疑問のある人に個別に説明していくスタイルにする
  • 給与ソフトに変更通知システムがあれば活用する

 

などというように個別に標準報酬月額などを通知していくように必ずしていきましょう。

 

厚生年金と標準賞与額決定通知書

 

あと標準報酬月額の決定通知書以外に標準賞与額の決定通知書も届くということもよくあります。

これは文字通りに賞与についての決定通知書ですが、

 

  • 年金事務所に被保険者賞与支払届を提出した
  • それに対して年金事務所が通知書を郵送してきた

 

というものになります。

賞与についての決定通知書は特に何をするということもないのですが、ファイルなどをして会社で保管していくようにしてください。

なお賞与支給と社会保険の手続きの流れですが、

 

  • 賞与支給額を決める
  • 標準賞与額を会社で出し、厚生年金など社会保険料を天引きして支給する
  • この時期前後に年金事務所に被保険者賞与支払届を提出する
  • その後に賞与についての決定通知書が届く

 

というようになります。

つまり今回の決定通知書が届いたときにはすでに厚生年金保険料を賞与から天引きしていないといけないというようになります。

 

厚生年金の決定通知書を紛失したときには?

 

この決定通知書の紛失時には管轄の年金事務所に連絡すれば再発行してもらえます。

郵送されてくるのも通常は数日以内で比較的早く対処してくれるかと思います。

<スポンサード リンク>