派遣社員についての厚生年金の加入条件を今回は解説していきます。

保険料が高いなどというように感じることもあるかもしれませんが、厚生年金に加入していけば支給額はどのようになっていくのかというようなメリット面についても紹介したいと思います。

 

派遣社員の厚生年金の加入条件

 

派遣社員の厚生年金など社会保険の加入条件というのはまず

 

  • 1週間の所定労働時間が正社員と比較して3/4以上であること
  • 1ヶ月の所定労働日数が正社員と比較して3/4以上あること

 

この2つの条件を満たす必要があります。

派遣元の企業規模が大きいと

 

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上あること
  • 継続して1年以上使用されることが見込まれること
  • 報酬の月額が8万8000円以上であること
  • 使用される事業所の労働者数が常時501人以上であること
  • 学生等でないこと

 

この5つすべての条件を満たすときも社会保険の加入義務があるというようになります。

 

派遣社員の厚生年金加入の前提となる雇用期間

 

ただし厚生年金には適用除外の要件もあり、これも満たすことが前提となります。

 

  • 臨時に使用される者(船員を除く)で2ヶ月以内の期間を定めて使用される者
  • ただし所定の期間を超えて使用されるときにはそのときから被保険者となる

 

というようになっていて、最初の2ヶ月以内の契約期間の経過までは社会保険に加入しないということもあるでしょう。

このときには契約更新時にあらためてその時点から厚生年金などの社会保険に加入となります。

 

派遣社員の厚生年金加入と対象となる社会保険

 

では派遣社員の加入する社会保険についてですが、

 

労災保険

  • 業務上の怪我などで保険給付が下りる
  • 入社日から加入

 

雇用保険

  • 失業時に失業保険が給付される
  • 週20時間以上の所定労働時間で加入

 

健康保険

  • 厚生年金と加入条件は同じ
  • 業務外の私傷病、怪我などでの診察時に保険給付が下りる

 

厚生年金

  • 定年後などに年金が支給される
  • 障害、死亡時にも年金支給がある

 

介護保険

  • 加入条件は厚生年金と同じ
  • かつ40歳以上で加入

 

というような種類があります。

厚生年金と健康保険とは加入条件が同じなのですでに上で説明した条件を満たせば、健康保険と厚生年金とに同時に加入することになります。

 

派遣社員と社会保険の手続き

 

派遣社員で派遣会社が変わる、退職や入社するということも出てきますが、それぞれの社会保険で必要な手続きには下のようなものがあります。

 

新しく就職する派遣会社に提出するもの

  • 履歴書
  • 雇用保険番号
  • 年金手帳(基礎年金番号)

 

退職時に派遣会社に提出するもの

  • 退職届、退職願
  • 健康保険証(その派遣会社で健康保険に加入していたとき)

 

退職時に派遣会社から受け取るもの

  • 離職票
  • 退職証明書

 

派遣会社を退職した後にしばらく再就職までに期間があるときには?

 

派遣会社を退職し、しばらく再就職しないというときには

 

  • ハローワークで失業保険の申請をすることで生活費を賄えるようにする
  • 国民健康保険に切り替える
  • 年金も国民年金に切り替える

 

ということが必要となります。

このうち失業保険のみ任意なので必要がなければ特にしなくても良いです。

しかし年金や健康保険料は失業期間でもかかってくることも多いので、貯金などが十分でなければ申請しておくほうが便利だと思います。

健康保険についてですが、

 

  • 退職した健康保険の任意継続をする
  • 市町村などの国民健康保険に切り替える

 

という2つの方法があります。

これはパターンによって保険料がどちらのほうが高くなるのか変わってきます。

そのため両方の保険料の見積もりをして比較してから決めるほうが良いです。

ただし任意継続のほうは20日以内に申し出る必要があるので、退職すれば迅速に対応していかないと任意継続になる資格を失ってしまうので注意してください。

年金については一旦国民年金への加入が必要となります。

退職時には失業による退職特例といった免除制度もありますが、このときには退職を証明できる離職票などが必要となります。

雇用保険受給資格者証、退職証明書でもこの特例の手続きはできますので、退職を証明できる3つの書類のうち1つは受け取るようにしておきましょう。

 

国民年金の7つの免除制度!該当条件を徹底解説

 

派遣社員の厚生年金加入と保険料

 

では厚生年金などに加入していくとどの程度の保険料がかかってくるのでしょうか?

労災保険には労働者負担という概念はないので保険料はかかりません。

また雇用保険も微々たる保険料というように考えて良いですが、やはり保険料の金額の大きなものとなると健康保険と厚生年金になってきます。

 

  • 健康保険 10%前後
  • 厚生年金 18.3%

 

給与額に対してこの保険料率かかってくると概算できますが、およそ半額を派遣元が負担してくれます。

そのためおよそ給与額の14%前後かかってくるというように考えると良いでしょう。

 

派遣社員の厚生年金加入と年金支給額

 

年金には国民年金というものもありますが、結論からいいますと厚生年金を会社でかけていくほうが将来の年金額はかなり有利になるといって良いです。

 

国民年金

  • 保険料は基本的に定額で月17000円前後
  • 支給額は満期40年で年額78万前後

 

厚生年金

  • 保険料は給与額に応じた累進制のようになっている
  • 支給額に満額という概念はなく、給与額の高いほど、加入期間が長いほど多くなる

 

統計によると老後の生活費は

 

  • 夫婦    月25万
  • 一人暮らし 月15.8万

 

程度必要というようにされています。

上でもいいましたように国民年金では老後の生活費を補うことはかなり難しく、やはり厚生年金がもっとも有利な老後対策といえるでしょう。

 

年収別の厚生年金の年金額を紹介!老後の生活費不足額も

 

このページで年収別に厚生年金の受給額の目安を紹介しています。

自身の年収に合わせてどの程度老後の生活費が不足するのかなども目を通しておいてください。

<スポンサード リンク>